山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

珪藻土 機能性塗壁材MPパウダー


家の壁は第三の皮膚とも言われています。そのため、壁に求められる機能は極めて重要です。
機能性塗壁材、MPパウダーはメソポア(Mesopore)の最高パワーが湿度コントロール・脱臭・オイルミスト吸着・空気浄化などの機能を発揮し、住環境を健康で快適にするメンテナンスフリーの住まいに貢献します。

珪藻土とは

もうすでにご存じの方も多いと思いますが、珪藻土とは
「植物性プランクトンの遺骸が永年にわたって堆積してできた土」のことです。
起源が植物ということもあり、小さな粒子の中に無数の孔質(空気層)を抱え、ほかの素材とは比べ物にならないほど調湿性や断熱性、遮音性、脱臭性などに優れています。

メソポアとは

調湿材の吸放湿機能は、細孔の分類でメソポア(直径2〜50nm)と呼ばれる細孔が持つ特有の機能です。メソポアよりも大きいマクロポアには吸湿機能そのものがなく、メソポアよりも小さいミクロポアは一方的に吸湿するだけで放湿しません。このようなことから、調湿機能はナノサイズで定義できる細孔特有の機能ですから、調湿材はまさにナノマテリアルといえます。

MPシリーズの特徴

室内空気の浄化  
湿度を一定にしようとする調湿機能によって結露・カビ・ダニの発生を予防し、過乾燥を制御します。
悪臭や有害な揮発性化学物質を吸着する機能によって室内空気を浄化し、健康で快適な住環境を保ちます。
省エネルギー  
断熱・保湿性があるため夏は涼しく、冬は暖かな室内環境が省エネルギーで得られます。
優れた耐火性  
土や石と同じ仲間の無機鉱物が主成分ですから
不燃性であり、耐火性に優れています。
   
   

MPパウダーの素材

メソポア珪藻土

珪藻土の中でも特殊なもので、2〜51ナノメートルという特有の細孔(メソポア)を多く有します。
湿気のコントロール(調湿性)に優れ、昔ながらの分厚い土壁を数ミリの厚みで再現するのに適します。

珪藻土

植物性プランクトン(藻)が化石になったもので、ナノサイズの細孔を持つ多孔質原料です。
昔から七輪の原料としても有名で、現在では工業油のろ過・食品関連のろ過・土壌改良などに使われ、
年間数万トン単位での採掘を行います。
地表部分から採掘する露天掘、水中からポンプでの吸い上げなど、採掘方法もさまざまです。

白土

火山灰のことです。
MPパウダーの色を白色化するために使用します。陶芸の世界でも使われる素材です。

のり材

食用でんぷんのりです。MPパウダーの固化補助剤として使用されます。

セルロースファイバー

木質繊維(古紙)です。土壁に用いるワラすさの代わりの役割です。

スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ