山口市でリフォームするならスタジオセンス

「里山へ出かけよう!」プロジェクト in 宇津木の里

 
「宇津木の里」とは

山口市下小鯖千坊地区の約7haの森林を活動拠点として、荒廃森林の整備、自然観察会や
椎茸駒打等の里山体験活動などを実施することを目的に、平成14年に結成。会員40名。
その昔、活動拠点の千坊地区には卯の花(ウツギの花の別称)がたくさん咲いていたことから
「宇津木の里」と名付けられたそうです

宇津木の里 MAP



 

2014/6/15 「森林整備 in 宇津木の里」に参加しました

松の幼木がまっすぐに伸びるよう、
長柄の鎌で、下草の刈り取り、ツルの取り除きを行いました。
作業の後は道具の整備。
その後豚汁をいただきました!

参加当日のブログ内容はコチラ>>

2014/5/18 「森林整備 in 宇津木の里」に参加しました

今回は年度初めということで総会が開かれました。
25年度の活動報告と、26年度の計画・新規事業の説明などの発表があり、
そのあとは現地視察。
今年度の新規事業である竹林整備、現状把握のための測量などを行いました。

参加当日のブログ内容はこちらから!
山本のブログ>>
束田のブログ>>

2014/3/1 「森林整備 in 宇津木の里」に参加しました

7月の森林整備作業は下草刈りでしたが、今回は枝打ちです。
枝打ちというのは林の中にも日が射すよう、枝を付け根から切る作業で、
木の成長が止まる秋から冬にかけて行います。
今回も、自然の豊かさを体感できる貴重な時間をすごせました。

参加当日のブログ内容はコチラ>>

2013/12/22 「森林ボランティア in 宇津木の里」に参加しました


森林整備の予定でしたが積雪の為中止、
ボタン鍋、餅つき、ミニ門松づくりに変更になりました。
里山からの自然の恵みを満喫できました!
参加当日のブログ内容はコチラ>>

2013/7/7 「森林活動 in 宇津木の里」 に参加しました


7月7日、宇津木の里にて行われた森林整備作業に参加しました。
幼木の生長を助けるため、周辺の下草刈りを行ないます。
大変ですが、これを欠かすと植えた苗木が雑草の陰になってしまい、
枯れてしまいますのでとても大事な作業です。

参加当日のブログ内容はコチラ>>

2013/3/20 「里山に出かけよう!」開催しました!


3月20日、宇津木の里にて「里山に出かけよう!」を開催いたしました!
間伐見学・枝打ち、バウムクーヘン作りなど、いろいろな体験を通じて、
私たちだけでなく、参加された皆様にとっても里山活動を身近に感じられるイベントになった事と思います。

イベント当日のブログはこちら>>
 
 2013/4/4 ほうふ日報にて「里山に出かけよう!」が紹介されました!

平成25年4月4日のほうふ日報さんにて、
里山活動の内容などをご紹介いただきました!
(クリックにて大きな画像でご覧いただけます)

 

■ 掲載記事 全文 ■

山口市下小鯖の森林「宇津木の里」で間伐見学と枝打ち体験
林業の課題も学ぶ・バームクーヘン作りも

 山口市下小鯖千坊地区の森林「宇津木の里」で3月20日、
里山体験活動「里山へ出かけよう!in宇津木の里」が開催され、
大人10人、子供7人が参加した。
この日は「宇津木の里」メンバーの吉光重明さんらの案内で干ばつ見学、枝打ち体験、里山散策、バームクーヘン作りなどを行った。
木材の地産地消やペレット燃料の利用を推進する住空間工房
スタジオセンス((株)太陽の店山口支社・山口市大内御堀)が同会の協力を得て企画したもの。


 「宇津木の里」は同地区に卯の花(宇津木の花の別称)が多く咲いていたことから名づけられ、
同盟の森林ボランティアグループは平成14年に結成、今年11年目を迎える。
同所の約7haの森林を活動拠点に交配森林の整備など森林再生活動、
自然観察会、椎茸駒打などの里山体験活動を実施し、現在会員は40人、防府にも会員がいるという。

 間伐体験ではまっすぐでなく将来的に役に立たない桧を吉光さんらが切り倒し、
倒れるときには参加者から歓声が上がった。
「個々の土地は真砂土で、こういう所の桧は香りがよく、すぐ火がつく。
年輪を見ると分かるように若いときはバカ太りし、古くなると太らない。CO2を吸収するのは若い木。
昔は偉い先生でも木を切ることをタブーとみてきたが、最近は環境の為にも間伐は必要という話になっている。
間伐をすると光がさしてすぐに若い芽が地表から出てくる。よかったら持って帰っていいですよ」
と吉光さんは解説した。切り倒したヒノキの丸太はお土産に持ち帰ることもできた。

 自然に生えてきた実生の松の若木の枝打ち体験では
「枝をひいても幹はひかないように」「できるだけ幹ぎわで、傷口をできるだけ小さく」
と注意を受けてから参加者が挑戦。
昔は無節の材木が珍重され、枝打ちでそうした高品質の木材を育てる努力がなされてきたが、
最近は住宅の洋風化でそうした需要が少なくなってきているという。

 最後に参加者はドラム缶のかまどの上にわたした竹の棒へ生地の液体をかけてのバームクーヘン作りを行った。

スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ