山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

「外張り断熱」の優れた特徴

気 候 日本の気候と風土に合った家づくりを
考え直してみませんか。

日本の気候は、南北に長い地形から寒暖の温度差が大きく、また梅雨や秋の長雨も含めて高温多湿の特徴を持っており、住まいづくりには、『暖かいこと』『暑くないこと』と、いつも相反する機能が要求されてきました。
そこで、私たちは気候の変化を、温度・湿度、そして空気の問題としてとらえることで、自然との快適な付き合い方を見つけました。
梅雨のうっとうしさ、夏の暑さ、冬の寒さを解消した住まい。
自然の力を取り込む事、自然の猛威を防ぐ事、相反する要求さえも満たした本当の環境共生住宅は、外張り(外断熱)工法の高気密・高断熱の家だからこそ実現したのです。

快適な住環境づくり

断熱・気密は寒冷地だけの手段ではありません。温暖地である地域、特に冷房期間の冷房負荷を以下に減らす手段の為にも断熱・気密が必要です。
ただし、断熱・気密だけでは夏の快適性は向上いたしません。いかに夏場の日射遮蔽と通風計画を取り入れ室温上昇を抑える工夫が不可欠です。


健康、快適、省エネ、耐久性(長命)を実現する為には?

断熱、気密、換気、全室暖冷房  


 

冬、暖かく―夏、涼しい家・・・
高い断熱性と気密性で実現します。

冬期に発病する脳卒中は意外なことに北海道での発病率は低いのです。
それは北海道では高気密高断熱が徹底しており、冬期には室内全体が暖房されているからだと思われます。居室間の温度差によりヒヤッとした感じが身体全体に走ります。高齢者ほどこのヒートショックで血圧が急激に上昇し、脳卒中の危険性が増します。
逆に気温が高い時期には33℃に上昇するとこれを境に高齢者は高い死亡率を示します。その原因は高温による免疫力の低下、発汗と水分の補給不足からくる脱水症状、血液循環の減少に耐えられないことなどです。
寒暖のいずれにせよ高齢者や体力の落ちている人は、室温により健康に直接影響を受けてしまうのです。


外断熱は木材を蓄熱体にする

外壁を押さえる木材下地は、通常一般住宅建築では約45cmの間隔で床から天井まで壁全体に取り付けられます。この柱間に断熱材を埋め込みますが、下地木材内外に面する表面積は壁面積約25%にも及びます。いかに熱伝導の少ない素材でも、こんなに多くの面積が内外を貫通していてはこれを伝わって室内の熱が逃げ、外気の影響を受けることになります。

外張り断熱と充鎮断熱の違い

上下の温度差が少なく、快適!

断熱性とともに気密性を高めると、すき間からの冷気の侵入や熱の逃げを防ぎ、外気の影響を受けることが少ないので、効率の良い冷暖房ができます。また床面に冷気を滞留させるコールドドラフトも解消できます。顔はほてっているのに、足元は冷え冷えすることがなく、快適な居住空間をご提供します。


効率の良い冷暖房で1年中快適環境

住まい全体をしっかり覆い、熱の出入りを大幅に少なくしていますから、効率良く全室快適な温度を維持できます。外気温の影響を受けにくいため、真夏の寝苦しさや冬のトイレの寒さから開放されます。各部屋間の温度差が小さく、身体に大きな負担をかけることもありません。お年寄りや小さなお子様も安心です。

温度差比較グラフと脳卒中の生じた時と場所グラフ
効率の良い冷暖房で1年中快適


 
湿 気

外断熱が住まいを結露から守り、
適度な湿度が快適な住環境をつくります。
住まいの中でアレルギー疾患を引き起こすアレルゲンといえばカビとダニです。一般にダニは温度22℃〜28℃、相対湿度で70〜80%で畳、じゅうたん、家具、ハウスダストの中などで繁殖します。カビは真菌といわれ、人体に真菌症をもたらすカビは50種類ほどありますが、温度20℃〜30℃、相対湿度が60%以上で、押入れや家具の裏に生えやすくなります。それなら湿度を抑えて乾燥させると良いのかというと、湿度が健康に及ぼす影響を見てみると、相対湿度30%以下になるとアトピー性皮膚炎の悪化、鼻や喉の粘膜が乾燥して、風を引きやすくなることが知られています。
ですから、室内の相対湿度としては50〜55%がもっとも望ましいと言えます。


結露が引き起こす影響
結露が引き起こす影響

住まいの大敵、結露を防ぐ

湿気が与える悪影響は人体ばかりではありません。外壁内に結露が生じると、部材の劣化や断熱性の低下を招きかねません。当社の外断熱・外壁通気工法では、外壁の内側の通気層に空気を通して、万一の結露を防いでいます。鉄は空気に触れると錆びてしまいますが、木は通気を良くして乾燥した状態を保てば、半永久的に長持ちします。外壁内の通気層により建物を支える土台や柱を守り、住まいの耐久性も向上させました。

外壁通気工法と内断熱の違い

24時間計画換気システム

 

計画換気とは、室内で発生する湿気や臭気など汚れた空気を排出し、必要な量の新鮮な空気を取り入れることです。給気・排気の経路を明確にし、必要な換気を計画的に行えるので空気のよどみがありません。換気不足による室内空気汚染を解消し、湿度の上昇も抑えます。
「風の道」と「呼吸の道」、そして「強制換気」を組み合わせ、いつも住まいにきれいな空気がめぐる省エネ・快適空調を実現しました。

24時間換気システム

 


お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ