山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

ご検討中のお住まいと比べてください

アキレス外張り工法は、省エネ・健康・快適・長命を追求した次世代型住宅工法です。

断熱する対象を断熱材で包み込む―。




■ K値(熱貫流率)

K値とは各部位(1uあたり)の断熱性能を示し、数値が小さい程断熱性能の高い部位といえます。
※数値はアキレス外張り普及会比較

K値(熱貫流率)

■ Q値(熱損失係数)

Q値とは、窓、玄関、床、壁、天井そして隙間などを通じて、住まいの内側から外へ逃げる熱が床面積1uあたりどれだけあるかを表した数値。
この数字が小さいほど、断熱性に優れていることを示します。国土交通省が定めた次世代省エネルギー基準では、従来よりワンランク上の基準値が地域ごとに設定されました。Q値の優れた住まいは効率的な冷暖房を可能にするため、省エネルギー性にも優れており、地球温暖化防止にも貢献することが出来ます。
※数値はアキレス外張り普及会比較

Q値(熱損失係数)

■ C値(相当隙間面積)

C値とは床面積1uあたりの住まいの隙間を示します。
数値が小さい程、隙間が小さく、気密性が優れています。
※数値はアキレス外張り普及会比較

C値(相当隙間面積)


全棟で気密測定を実施しています   
 気密と換気の関係
 気密測定の様子 
 C値の目標と実績 

 

 ■ μ値(夏期日射取得係数)

μ値とは建物が日射によって取得する熱量の割合。
この数値が小さい程、日射取得量が少ないことを示します。日射に左右されるため、同じ建物でも地域と方位によって数値が変わります。

 認 定 取 得 項 目 
次世代省エネ基準適合住宅評価
性能表示型式認定(温熱環境レベル4)
木造住宅防耐火構造認定

 


お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ