山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

アキレス エコプロジェクト

サスティナブル、エコロジー。
アキレスは人にやさしく、地球にやさしい住宅建築を提案します。


アキレス外張り工法では、持続可能な地球環境のため、建物のライフサイクルを通して環境対策に取り組んでいます。建物の省エネルギー性はもちろん、材料自体の環境性能を高め、長命で資産価値の高いサスティナブル建築の実現に貢献しています。  ノンフロン・リデュース・リサイクル

ECO PROJECT


【ノンフロン】
建物の断熱性を高め、省エネ=CO2排出量削減を図ることは地球温暖化対策の基本です。アキレスボード外張りは、オゾン層破壊係数ODPだけでなく、地球温暖化係数GWPの面でも環境性能に優れたHCガス(非フロン)を使用しています。HCガスは従来のフロン系ガスに比べ熱伝導率がやや大きいという性質がありますが、アキレス独自の製造技術により、セル(発泡剤が封入された空隙)の構造を改良することで、従来通りの優れた断熱性能(熱伝導率0.021W/m・K)と機械的物性を維持しています。
フォームの電子顕微鏡写真(30倍)
ODP GWP
フロン系発泡剤のうちオゾン層を破壊するもの(CFC,HCFC)はウレタンフォームでは既に使用されていません。オゾン層を破壊しないHFCでも地球温暖化係数(GWP)が非常に高いという問題があります。アキレスボード外張りはGWP値も低いHCガス(非フロン)を使用しています。
【リデュース(消費削減)】
アキレス外張り工法では、建物寸法に合わせた長尺サイズの製品を供給することで、現場で発生する残材(カットロス)を減らしています。これによりボード張り、目地処理などの工程を軽減し、後期も短縮できます。

建物寸法に長尺サイズを合わせ、残材を減らす

【リサイクル】
熱硬化性樹脂である硬質ウレタンフォームは、リサイクルが難しいという課題がありました。アキレスでは従来からのマーサルリサイクル(RPF固形燃料化)に加え、ウレタンフォーム粉体を木チップの改質剤として添加し、熱圧成形したマテリアルリサイクル品、「アキレスURボード」を開発・販売しています。
RPF(固形燃料)


21世紀のエコロジー住宅を求めて

外張り断熱の優れた技術は、健康で快適な長命住宅を実現するための基本となる、断熱・気密性能をより確実に向上させることが出来ます。
それは古来より日本建築が持つ開放的で可変性に優れる特性を活かし、通風や日射調整によって自然とつながるパッシブな住環境を現代の住まいにも生かすことが出来ます。
単に懐古主義ではなく、高い住宅性能を備えながら自然と共生できる住まい―。
アキレス外張り工法は、日本の従来木造が持つ優れた技術を継承しつつ住宅性能の向上を図り、長命で資産価値の高い明日の住まいづくりを目指しています。


>>こだわりの外張り断熱トップへ戻る


お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ