山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

山口市 吉敷 LDKリフォーム 施工事例

■ ログハウスのような落ち着いた雰囲気のLDK 〜山口市吉敷 Y様邸〜

全体図

出会い

ペレットストーブをお使いのお客様。
キッチンを明るく使いやすく、そしてLDKを自然素材に包まれた
落ち着いた雰囲気のスペースにしたいとご相談いただきました。

リビングダイニングと壁一枚で隔たれていた
閉鎖的な空間だったキッチンは開放的な対面スタイルに、
吹き抜けのリビングには太鼓梁を2本掛け、
まるでログハウスの中にいるような落ち着いた雰囲気のLDKとなりました。


工事前

   

まずは養生です。

吹き抜けには明り取りの大きな窓があり、
一年中気持ちいい日差しを届けてくれます。
リビングダイニングからキッチンを見たところ。
キッチン

明るさは十分だったものの、
孤立した空間だったため
なんとなく暗いスペースでした。
吹き抜けのリビングに用意した
松の太鼓梁!
製材する前はこんな感じです。

工事の様子

製材し、墨付けをして取付に備えます。
Y様邸は軽量鉄骨造です。
今回のような重たい梁を取りつけることは
想定していない造りのため、
強度は十分とはいえ念のため
木材で補強させていただきました。
補強がすんだら
いよいよ太鼓梁の取り付けです!
そして2本とも取付完了です!
   
こちらは対面キッチンが取り付く壁です。
 
腰板には半丸の杉板を使用しました。
一般的な平らな板と比べ、
出隅・入隅やコンセント回りなどは
非常に繊細な仕事が要求されました。
   
床は無垢の杉板材。

消臭抗菌効果も期待できる杉は、
冬に裸足で歩いても大丈夫なほど
表面がカラリとして気持ちいい足触りです。
天井には天然ボード(代萩)を。
洋風から和風へ、
落ち着いた空間を演出します。
新たにキッチンに現れたのは
造作のカップボード。

奥様と入念にお打合せをし、
限りあるスペースを
最大限に有効活用するものを
作成させていただきました。
   

◆そして完成です◆

ペンダント型の照明で手元も明るく、
壁を取り払ったことで
開放感のあるキッチンになりました。
閉ざされていたキッチンルームもご覧のとおり、
明るく、リビング・ダイニングはもちろん
お庭も見渡せるようになりました。
キッチンからは今回の目玉の一つである、
太鼓梁が望めます。

大きな丸い照明が
まるでお月様かのように佇んでいます。
   
ペレットストーブ周辺は灰が落ちても
掃除しやすいようにタイル張りとし、
より良い雰囲気となりました。




最後に

 少し工期が延び、Y様には大変不便をおかけいたしましたが、
完成後には大変お喜びいただき、新しいキッチン、
太鼓梁など精一杯施工させていただき、大変うれしく思います。

洋風から一新、自然素材溢れる新しいLDKで
これからも快適な日々をお過ごしいただけましたら幸いです。

Y様、ありがとうございました。

 





担当させて頂いたスタッフ 久保



>> リフォーム施工事例 TOPページヘ

PageTop このページのトップへ



お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ