山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

山陽小野田市 外装リフォーム 施工事例

■ 雨水の侵入も解決する外装リフォーム 〜山陽小野田市 O様邸〜

全体図

出会い

かなり前から雨漏りや壁内への雨水の侵入が気になっておられたO様。
この度思い切って根本的に解決するリフォームをご依頼くださいました。

お伺いすると一目瞭然。
部屋の天井の雨染みだけでなく、
壁や屋根の各取り合い部から雨水が浸入しているのでしょうか、外から拝見すると
外部の木部や外壁材が全体的にはがれおちているのが確認できました。

一般的には外装のシーリングの再施工+塗装で解決することもありますが、
今回は屋根、サッシ周りの水切り鉄板にも手を加えないと根本的な解決にならないと判断し、
O様にご相談いたしました。

折角やるなら相当劣化の進んだ外装材なども一新したいということで、
外装リフォーム工事を進めさせていただきました。


工事前

施工前の外壁材の様子

こうしてみるだけで表面のムラが無数に見えます

 
屋根周りの水切りも現在の施工基準と比べると、
かなり不安な状態でした
 
サッシまわり
1階屋根と2階壁の取り合いも水切りの施工に
不安がある状態でした。
施工内容を打合せし、いよいよ施工開始です。
2階は外装を取り換えます。

今度は安心してお住まいいただけるよう、
しっかりと板金の形状設置位置などを
改めて検討しながら進めていきました。
 
窓枠周辺。
木部やシーリングに劣化が見られます。
リフォームの場合、新築と違って
気密・断熱の手法も現場によって最適なものを選定する必要があります。

今回は薄くて断熱効果の高いラミパックを使用。
薄いながらも高次元で熱の移動を遮断。
夏涼しく冬暖かい住空間を実現します。
   

断熱材を施工したら、
通気層を確保し外壁を施工します
窓まわりの水仕舞いも抜かりなく
コーキングしろも適正に確保していきます。
一部のサッシを交換
内外装をリフォームする際が
窓リフォームの絶好のチャンスです。
 
 
 
樹脂タイプの矢切は、経年劣化して
脆くなっていることがほとんど。
新調しスッキリしました!

◆そして完成です!◆

 
破風板には今回風雨に強いサイディングを使用
キリっと締まりました。
屋根と破風板の間からの雨水侵入も
完全にシャットアウトしながらも、
しっかりと通気は機能させました。
水切りやコーキングもしっかり施工
雨水の侵入もこれで防げますね。
 
   











最後に

 1階部分は壁塗装をさせていただきました。
今回のリフォームでこれまでのように雨が降るたびに雨漏りがしたりして
不安になることもなくなったと思います。
木造建築は不具合箇所に適切に手を加えることで
いつまでも快適に保てます。
これからは安心して楽しい日々をお過ごしいただけたらと思います。

O様、ありがとうございました。

 





担当させて頂いたスタッフ 久保



>> リフォーム施工事例 TOPページヘ

PageTop このページのトップへ



お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ