山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

山口市 天花 全面リフォーム 施工事例

■ スタジオセンスのこだわりが詰まった自然派住宅 〜山口市天花 F様邸〜

全体図

出会い

これまで住んでいた持家を売って、天花のご実家をリフォームしたいという
ご要望をいただきました。
ご実家は築28年ほどのコンクリート住宅で、1階の全面リフォームと
外壁塗装といった大規模工事のご要望でした。

山や川が近く、湿気も多い立地で長らく住まわれていなかったお家は
カビも多く発生していました。
スタジオセンスにて珪藻土の調湿性能やペレットストーブの優位性をご理解いただき
その性能に驚かれたお施主様。
融資面の手続きもご協力させていただき、平成26年12月に工事がスタートしました。


工事の様子

   

山からの湿気により
家具の裏側にカビが発生していました。
コンクリート住宅は気密性が高く
湿気の逃げ道がないと
このような状態になりやすいです。

こちらは既存の和室です。
細かく作られた長らんまは
とても印象的でした。
解体の様子です。
お施主様は工事中は別の持家に
住まわれていたので、
全面的に解体を進めていく事ができました。
今回は床下の湿気対策の為
防湿土間コンクリートを
床下全面に施工する計画です。
全体を転圧し、
防湿シートを敷き込んだ様子です。
その上にコンクリートを打設していきます。
面積も多く、左官職人2人がかりで
押え作業を進めていきます
床下の土間コンクリートが終わると
大工工事に入ります。
まずは床下地組みからスタートです。
続いて天井、壁と下地を組んでいきます。
写真は照明器具の位置の
打ち合わせ中です。
壁や天井には断熱材を施工し
家の断熱性能を高めます。
リフォームのタイミングでしか
できないことなので
入念に施工していきます。
玄関の顔でもある上り框の取り付けです。
床材とあわせて桧の立派な框です。
加工を施し、慎重に取り付けていきます。
LDKではキッチンカウンターの造作中。
キッチンの高さや奥様のご要望に合わせて
オーダーメイドで制作していきます。
キッチン設備を取付け
完成が見えてきました!
   
そして、内装の仕上げ材である
珪藻土の水汲みです。
今回も、別府弁天池の
名水を汲んできました!
こちらが北海道産100%の珪藻土。
珪藻土の中でも最高ランクである
Hをご採用いただきました。

Hとは、珪藻土の重要な成分である
「メソポア珪藻土」の含有率が80%の
材料です。
最高性能の珪藻土を
弁天池の湧水で練ると、
水道水と比べて、
色味や伸びが違うそうです。
塗ってくれる左官職人は、今回も
伊藤さんご兄弟!

お施主様と色やパターンの
打ち合わせをして塗っていただきます
珪藻土は厚さ2〜3ミリの塗厚です。
塗壁材にとって一番怖いのはひび割れです。
それを防ぐためにクロス張りと比べると
倍以上の手間をかけて
下地処理を施していきます。
そして塗り工程です。
塗り始めると早く、伊藤さんの
手際の良さから簡単に見えるのですが、
実際にやってみるとかなりきつい作業です。
乾燥時間や面積の大きさを考慮して
パターンが決められていきます。
鏝跡をうまく描いてよい雰囲気に仕上げていく。
まさに職人技です。
内部が一段落すると
玄関アプローチ部分のタイル施工です。
砕石を敷き込み足元を固めています
タイル割りをもとにベース下地を作ります。
タイルを1枚1枚、
丁寧に貼り付けていきます。
今回は内部と外部で
同じタイルを選ばれました。
玄関廻りの完成です。
こうしてみると、一段と引き締まって見えます。
最後に内部のクリーニングを行います。
サッシも全て外し、溝から網戸まで
丁寧に拭きあげていきます。
クリーニング後に内窓の設置。
既存窓を壊すことなく
窓の断熱性能を向上することができる
コストパフォーマンスの高い商品です。
   

外構工事

今回は、浄化槽設備の設置も
ご依頼いただきました。
山口市の補助金を使っての工事になります。

写真は浄化槽を埋設する
穴を掘っているところです。
浄化槽を設置し固定します。
高さ調整など細かいチェックも欠かせません。
天板のコンクリートとあわせて
駐車場用の土間コンクリートの打設準備です。
車両乗入部分なので配筋し補強しています。
コンクリートを打ち終わったところです。
手前側が出入り口でスロープとなるよう
計画しています。
2階には台風対策として
後付シャッターを設置させていただきました。
   

◆そして完成です◆

LDK


生まれ変わったLDKです。
対面キッチンとし、広々とした空間となりました

 


リビング部分の一角には
ペレットストーブを設置。
存在感があります!
床には山口県産桧フローリングを採用し
とてもきれいな仕上がりです。

 


出入り口横には
パソコンスペースを造作しました。
腰壁はご主人様の希望で工事途中に
決まりました。
スタジオセンスでは工事中の仕様変更にも
柔軟に対応することが可能です。

 


キッチン背面には
オーダーメイドの造り付け家具。
設置するレンジなど大きさを見ながら
棚の寸法を決めていきました。

 

そしてこちらのステンドグラス!
山口市糸米の構作舎さんの作品です。
奥様こだわりのシーンです。
キッチンのレンジフードは自動洗浄機能のついた
洗エールレンジフード(クリナップ)をご採用。
掃除の手間を省いてくれます。
   

寝室


これまでは和風でしたが
今後は寝室として使用する予定です。
大容量の収納クローゼットを計画しました。
収納内部は杉の羽目板で仕上げ
良い香りがします。

 


ふすまは木製造作建具へ。
天井いっぱいまでの建具で、全て開ければ
隣の洋間と一つの大空間とする事ができます。

逆に閉じて、来客用の空間と
プライバシーのある空間とに
分けることもできます。

   

玄関・廊下


玄関も雰囲気が一新されました。
下足箱も造り付けとし、
すっきりまとめられます。

 


玄関から見た写真です。
正面の目隠しは・・・そうです!
和室の長らんまを建具として組み込みました。

物を移動させるときは邪魔にならないよう、
開閉式としました。

 


廊下部分には珪藻土職人伊藤さんの粋な演出が…!
お施主様も喜んでおられました。
ダウンライトで照らされ、いい雰囲気です。

 水回り


お風呂は使いやすいユニットバスへ。
断熱効果も上がり
気持ちのいい入浴タイムが楽しめると思います。

 




トイレはタンクレスにしてすっきりとした空間へ。
将来のことも考え、手摺も計画しました。

 



こちらは脱衣室です。
洗面化粧台はアウトレット商品より
お選びいただきました。

同じ空間に家事室を設け、
アイロン台を設置しました

外観




お家の顔である門扉も新しく生まれ変わりました。
印象がガラッと変わります。

 




壁には断熱塗料「ガイナ」を施工しました。
コンクリート住宅は熱をためやすく、外断熱を可能にするガイナ施工は
夏の暑さ対策としてとても効果的な手法だと考えます。

 




玄関ドアは鍵を閉めたまま採風できるドアとしました。
内部の間取り変更により開き勝手を変更しました。

   




最後に

 この度は、スタジオセンスこだわりの自然素材を
ふんだんにご採用頂き、
とても快適な住空間が実現できたと思います。
周辺は川や森など自然に囲まれた環境で
とても静かな場所です。
そんな環境をお部屋の中まで取り込んだような気持になれるほど
自然素材に溢れた住まいづくり…
私にとっても本当に良い経験をさせて頂きました。

これまでは湿気によるカビや結露でお悩みでしたが、
家中に施工した珪藻土が湿気をコントロールしてくれ、
空気環境、生活スタイルもガラッと変わる事だと思います。

今回のF様とのご縁に感謝し、
これからも末永いお付き合いをお願いいたします。

 

担当させて頂いたスタッフ 山本(豊)





お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ