山口市で新築・リフォームするならスタジオセンス

山口市 小郡 屋根塗装 施工事例

■ 夏が楽しみ!屋根断熱リフォーム 〜山口市 M様邸〜

全体図

出会い

以前より当社をご贔屓にしていただいているM様より
屋根の塗装工事をご依頼いただきました。

屋根はコロニアル屋根で経年劣化により塗装面の傷みが激しく
高圧洗浄でかなり剥げ落ちてしまうほど。
棟板金の下地処理を含めしっかりとした下地処理をし
綺麗に塗装させていただきました。

今回ご採用ただきましたのは、人気の断熱塗料ガイナ。
色味はあまり既存と変えず、綺麗になっただけではなく
断熱能力の大幅アップに成功いたしました。

今年の夏は暑いとの予報。
次世代断熱塗料ガイナがしっかりとM様邸の快適な暮らしを
サポートしてくれると思います。


工事の様子

    先ずは足場設置。

なるべく、工事中期間中に
お施主様がご不便をお感じになられないよう
玄関や勝手口、そして
南側の掃出し窓付近といった
お施主様が出入りに利用されている箇所は
可能な限り開口を取るようにしています。
飛散防止のメッシュシート養生も
家の中が暗くなりますので、
必要な時以外は日光が室内に入り込むように
したりもします。

ただでさえ工事の音などがストレスとなりやすい
塗装工事です。
お施主様の生活を第一に考えて進めます。
コロニアル屋根。

所々白っぽくなっているのは、
経年で劣化してしまった表面の塗料が
高圧洗浄で吹き飛んでしまった部分です。

剥がれおちかけている塗膜はしっかりと落とし、
長持ちする塗膜を形成するために
しっかりと下地処理をしていきます。
寄棟の板金

ケレンをしてしっかりと目荒らしした後に
防錆材をまずは塗布して、
上塗りへと進みます。
そうして上塗りのガイナです。
今回は吹付けによる塗装をさせていただきました。

均一に2回ほど、規定量を吹付けていきます。
2回目
最後に雨漏り防止の縁切り作業をします。

乾燥後の地味な作業ですが、
「塗装してしまったばかりに雨漏りがする」
などということのないよう
最後まで抜かりなく縁切りしていきます。
そして完成です。

ガイナは艶消し塗料なので
しっくり落ち着いた雰囲気になります。
壁際水切り板金も綺麗です。
こちらは棟板金。
棟板金を止めてある釘が抜けかけている部分は

釘を打ち替えたりして、丁寧に
細部までこだわって作業させていただきました。
ガイナ接写。

ガイナは約3ヶ月で
塗膜を完成させると言われています。
成分の6割をも占める特殊なセラミックビーズは
信じられないほどの断熱層を形成します。
今回は壁の状態がかなり良かったので、
屋根のみを施工させていただきました。

壁全体も綺麗に洗浄させていただいたので
完成後は見違えるほど美しく仕上がっています。









最後に

 ただ綺麗になるだけではなく、断熱性能を持ち合わせた
次世代断熱塗料ガイナで夏も冬も快適に
お過ごしいただけることと思います。

M様ありがとうございました!





担当させて頂いたスタッフ 久保



>> リフォーム施工事例 TOPページヘ

PageTop このページのトップへ



お問い合わせ


スタジオセンスへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ